晴天の日には 星空を

画像


晴天が続き 星空も綺麗だ かたくり庵前より 南南西の空を撮る

28日 AM0:26 真夜中の散歩


画像


いつもの場所から 南西の方角 外灯と星空の調整が難しい

画像




28日 AM10:20 雲ひとつない快晴 蓮池からトンボ沼まで

秋の日差しが心地よい

画像


画像


画像


画像



 
28日 PM20:24 自宅から北斗七星が見えないので 高台の丘に上る

北の空  北斗七星が ギリギリ見える

画像


南の空は 木々に阻まれ見えにくい

画像



北の空に戻り カシオペア座を探す

画像


明るいと星が多く初心者には 探しにくい

露出時間を短くすると 明るい☆だけなので解りやすい

画像


カシオペア座 こぐま座 ケフェウス座が確認できた

画像


夜露でレンズが曇ることが解った テッシュで拭き拭き撮影

秋の夜長に 星空を眺め 物思いにふけよう



星空に関しては 師匠のtamiさんのブログを 参照してください
http://95438686.at.webry.info/201109/article_13.html





この記事へのコメント

2011年09月29日 18:05
こんばんは。
深夜の撮影お疲れ様です。
家の周りが撮影場所なんですね。絶好です。
外灯は直接入れないで順光にすると星も木々も薄ら緑に撮れて良いと思いますよ。
あと溜池ですか。ここは映り込みを絶対狙うべきです。
あと私は明るい星を大きくするためソフトフィルターを使ってます。そうすると星座も見やすく星も多く写せますよ。木星が大きくなり過ぎますが。
2011年09月29日 23:41
ご指導有難うございます
やはりソフトフィルターですか
望遠で30秒以上露出すると 星が
動いて点から線になってしまいます
本を見ると拡散フィルターと赤道儀を
使うようですが?
池への写りこみ 真似してみます
木星とすばる 完璧に解るように
なりました
2011年09月30日 09:54
色々と勉強されてるみたいですね
私はすすきの写真が一番好きです
秋の光がうまくオーロラのようにススキに注ぎ込まれてる様子はもう最高に好きです
2011年09月30日 21:39
こんばんは。
星を撮るにはそれなりのやり方があるのですね。
うちも星がきれいに見える場所なんですが、それを撮れる腕がなく、どうやったらよいものか~と思っていました。私にも伝授、お願いしま~す。
それなりの道具が要るんですよね、きっと。
2011年10月01日 00:27
デミさん
逆光の反射光 レンズが曇っている時の
反射光 いい感じになります
思わぬ効果があるので時々撮ります

TAMOさん
ISO-1600 F2.8 露出30秒~1分が基本
三脚固定して 設定を変えながら
バチバチ数多く撮る 数打ちゃ当たる
図書館より星座の本を借り勉強中です

この記事へのトラックバック